その名前からは青汁とは思えないようなお茶村の神仙桑抹茶ゴールドですが、立派な青汁です。その名前からも想像できる通り、お茶の葉の職人が作り上げた青汁なんです。しかも、青汁としては珍しい原料である「桑の葉」が使われていることも大きな特徴といえるでしょう。実は、桑の葉は大変栄養価が高い植物なのです。さらに、緑茶やシナモンも加えて栄養価を高めているだけでなく、味でも青汁とは思えないような抹茶味を実現していることが最大の特徴といえるでしょう。名前だけでなく、実際に「青汁」と意識せずに、お茶を飲むような感覚で飲めるというのが最大の魅力となっているのが神仙桑抹茶ゴールドです。また、当然、原料には無農薬栽培されているものを利用していますから、安心して続けることができますね。口コミでも、それらの特徴を反映した内容が目につきます。とてもおいしいので何度もリピートしているという声が多く、プロの淹れたお茶のようだとまで絶賛する声もあるのが驚きですね。そのため、「健康のため、美容のためにサプリとして利用する」というよりは、「お茶替わりに飲んでいる」という人が多く、リピート率が高いのは、それを反映しているのでしょう。暖かくても冷たくても飲みやすいという声も多く、中には青汁と思わずお茶のつもりで飲んでいたという人さえいます。どんなものでも好き嫌いというのは多かれ少なかれあるものですが、味が苦手という声が殆ど無いのは、やはり、日本人好みのお茶風味によるところなのでしょうー